経営している旅館に合わせて選ぶ!旅館システム4社 徹底比較
「旅館システム」パーフェクトガイド » 旅館経営のための生産性向上のポイント » 集客

集客

旅館経営で頭を悩ませる集客方法について、どのような点に気を配って集客するのが良いか解説しています。

旅館における集客の方法とは?

お客様がいてこそサービスを提供できる旅館において、「集客」は欠かせない業務の一環です。いつ・どのくらいの人数を集めるのか?現場はどんな状態にしておくべきか?など、先を見越して行なった集客が結果的に生産性を向上させます。

工学博士の内藤耕氏によると、旅館やホテルの集客とは「潜在顧客に向けてどんなサービスを提供しているかを認知させ、引き寄せて気持ちを引き止めるまでの作業プロセス」とのこと。これを踏まえると、旅館の現場は常に集客の場であるとも捉えられます。

集客の場には、お客様が足を運んでくれる動機や提供できるサービス、お客様と旅館がそれぞれに抱えている制約が存在。たくさんの事情が折り重なって、お客様は宿泊したい旅館を選ぶのです。

旅館に宿泊するお客様の動機は人それぞれで、料理を楽しみに足を運ぶ方もいれば、観光がてらに宿泊する方もいるでしょう。お客様に対してできる限りのサービスを提供しようと、旅館はたくさんの創意工夫をされていることでしょう。しかし一方で、施設のキャパシティや、観光資源などの制約もあります。

それぞれの旅館が抱えている制約

旅館はさまざまな制約を抱えています。そのため、旅館が望んでいるターゲット層と実際に足を運ぶお客様にズレが生じていることも少なくはないでしょう。

いざ集客しようと考えた時、まず重要なのは「旅館にとっての制約を把握する」ということ。お客様の動機と、旅館が提供できるサービスのバランスをとる必要があるからです。

多くの旅館が抱えている大きな制約と言えば、「立地」がよく挙げられます。立地は簡単にコントロールできる部分ではありません。

お客様にとっても立地は重要で、遠方の旅館に宿泊しようと思えば移動に手間とコストが発生します。わざわざ手間やコストをかけてでも宿泊したいと考える理由はやはり、良いサービスが受けられると期待しているから。

旅館側は持っている制約の中で独自のサービスを組み立て、顧客満足を継続的に高めることが集客への近道になります。

インターネットの口コミを活用?効果的な集客方法

集客は、サービスという商品をお客様に提供し、満足してくださったお客様が友人・知人の前で話題に出してくれるかが重要です。お客様がサービスに感動し、周りにそれを伝えたいと思ってもらうという事です。

インターネットには様々なレビュー口コミサイトがあります。またこれらの「口コミ」の影響力は、サービス業において非常に大きなものとなっています。

まずは全てのお客様一人一人を大切におもてなしすることが、「口コミ」してもらうための第一歩となるでしょう。

サイト管理人 オオバンガシラのコメント

今後、インターネットの活用により、ますます顧客は自分の個別のニーズによりあったものを正確に選び出すことができるようになります。そこでは小手先の集客手法は通用しなくなってきます。自分たちのサービスが顧客に選ばれるようになることがより重要となります。まずは自らのサービスを磨き上げるという一見あたりまえのことが、どんな集客手法よりも大切になってくるでしょう。

顧客に選ばれる旅館になるための旅館システムおすすめ4選

※当ページは、下記書籍を参考にして書かれています。書籍ではより具体的な方法が説明されていますので、生産性向上にぜひお役立てください。

(参考文献:内藤耕 (2015).サービス産業 労働生産性の革新 理論と実務 旅行新聞新社 p80-102)


【関連するページ】

旅館経営のための生産性向上のポイント

  1. お客様へのサービス
  2. 作業プロセス 前編
  3. 作業プロセス 後編
  4. 集客 ←現在のページ
  5. おもてなし