経営している旅館に合わせて選ぶ!旅館システム4社 徹底比較
「旅館システム」パーフェクトガイド » 旅館経営のための生産性向上のポイント

旅館経営のための生産性向上のポイント

さまざまな課題に直前し、改善していくことで生産性向上が見込める旅館経営。こちらでは、顧客満足を高められる考え方や方法を解説します。

より良い現場づくりで生産性向上を目指す

お客様に温泉や料理などの楽しみを提供する旅館を経営していく中で、常に考えなくてはならない生産性の向上。求められていないサービスを提供していたり、非効率な流れで作業を行なっていたりなど、現場でのロスを抱えている旅館も多いのではないでしょうか。

段取りだと言いながら料理を作り置きしているのも、改善する余地があります。メニューにもよりますが、料理は基本的に出来たてが一番美味しいもの。作り置きは美味しさを半減させるだけでなく、急な変更が起こった時に対応できず、不良在庫になってしまいます。

この場合、調理プロセスを改善し、お客様の食事のタイミングに調理プロセスを少しでも近づけることが大切です。美味しい料理を提供できれば、顧客満足も高まります。

また、バックヤードが雑然としているのも生産性が上らない理由の1つ。整理・整頓がされていないために、スタッフが必要な備品を探すのに手間がかかり、お客様と接する時間を奪われています。

おもてなしをする時間を確保できていないと、お客様の求めているサービスを引き出すことができず、顧客満足は得られないままです。

数々の課題を抱えている旅館経営者がいま注目しているのが、労働生産性の革新

現場でのあらゆる作業プロセスを工学的な観点から見直して効率を上げ、どうすれば労働生産性を高めることができるのか。こちらでは、工学博士である内藤耕氏が執筆した「サービス産業 労働生産性の革新 理論と実務」を参考に、旅館経営を支える手法についてまとめています。

お客様へのサービス

足を運んで宿泊してくださるお客様に、付加価値の高いサービスを提供するべく、無駄な作業が発生していないかを確認しましょう。内藤耕氏が提案している「サービス・キネティクス原則」に基づき、真のサービスを解き明かします。

旅館でのお客様へのサービスと付加価値についてもっと詳しく

作業プロセス 前編

生産性向上を目指し、現場づくりのカギとなるのが「リアルタイム・サービス法」です。前編では、リアルタイム・サービス法についてわかりやすく解説していきます。

旅館の生産性を向上する
リアルタイム・サービス法についてもっと詳しく

作業プロセス 後編

前編に引き続き、リアルタイム・サービス法を導入する際のコツについてまとめました。スムーズな作業プロセスに作り変える、マルチ・スキル化や平準化は必見です。

旅館業務の無駄をなくす作業プロセスについてもっと詳しく

集客

旅館での集客は、リピーターを増やすよりも新規顧客を獲得するほうが良いと言われています。狙っているターゲット層を集客すべく、必要な考え方や方法を解説しました。

旅館の集客方法についてもっと詳しく

おもてなし

おもてなしは旅館の売上にもつながる重要なサービス・プロセスです。本来の「おもてなし」をひも解き、どのような作業プロセスのうえに顧客満足が成り立つのかまとめました。

旅館のおもてなしについてもっと詳しく

サイト管理人 オオバンガシラのコメント

旅館の生産性向上には、より良い現場づくりが大切です。感覚で改善していくよりも、いつ・どこで無駄が発生しているかをデータで確認しながら生産性向上、業務効率化していくのがベストでしょう。旅館システムなら必要なデータが一目で確認できるので、上手に取り入れながら労働生産性を高めていきたいですね。

※当ページは、下記書籍を参考にして書かれています。書籍ではより具体的な方法が説明されていますので、生産性向上にぜひお役立てください。

(参考文献:内藤耕 (2015).サービス産業 労働生産性の革新 理論と実務 旅行新聞新社 p2-16)