経営している旅館に合わせて選ぶ!旅館システム4社 徹底比較
「旅館システム」パーフェクトガイド » 旅館システム(PMS)導入でどう変わる?(効率化&生産性向上) » ホテルシステム(PMS)について

ホテルシステム(PMS)について

ここではホテルシステム(PMS)についてご紹介しています。ホテル業界で注目されている理由、導入時のポイントなどを掲載しているの参考にしてみてください。

ホテル経営で大活躍するホテルシステム(PMS)とは?

ホテルシステムは別名PMSとも呼ばれています。これは「Property Management System」の略称で、予約管理ができるホテルシステムのことです。たくさんのお客様の予約情報、空室情報などを管理できるため、ホテル経営を効率化できます。また、お客様ごとに必要な対応、業務に関する申し送り、注意事項なども一括管理できるため、スムーズな対応につながるのです。

ホテルシステム(PMS)導入における3つのポイント

ホテルシステムの内容は、ソフトやシステムを提供している会社によってさまざま。システム導入時に重視したいポイントを3つに分けて詳しく解説します。

ポイント1:効率化したい管理業務をリストアップする

「とりあえずホテスシステムを導入して使ってみよう」という考えで導入しても、管理業務は効率化されません。

上記のように目的を明確にしてから、管理したい内容に合ったホテルシステムを導入しましょう。

ポイント2:複数のホテルシステムを見比べる

ホテルシステムはベーシックな機能だけを搭載したものから、自由にカスタマイズできるものまでさまざまです。導入後、ホテルで滞りなく運用できように、ホテルシステムがインストール型なのかクラウド型なのか確認しておくことも大切です。また、収益アップ重視型やビジネスホテル特化型など、提供している会社によってホテルシステムのジャンルは異なります。即決せず、ある程度情報収集をしてから経営しているホテルに合ったシステムを導入しましょう。

ポイント3:予約顧客の分析ができるものを選ぶ

ホテルシステムの中には、ホテルを予約したお客様のタイプを分析できるものがあります。国籍や性別、どこから予約したのかなどの情報を分析すれば、広告を掲載する媒体や打ち出すべきキャンペーン内容がおのずと見えてくるでしょう。また、顧客分析はリピーター獲得のためのホテルプラン企画の打ち出しにもつながります。日々の業務効率だけでなく、長い目で見手売り上げアップにつなげられるよう、顧客分析ができるホテルシステムを選ぶのがおすすめです。

ホテルシステムとOTAを連携させると顧客獲得率がアップする可能性大

最近は旅行会社やOTA(オンライントラベルエージェント)から入る予約を自動的に取り込めるホテルシステムが流行中。連携することで効率よく空室管理・予約状況を把握できます。対応力の向上や営業戦略に役立ててみてはいかがでしょうか。