経営している旅館に合わせて選ぶ!旅館システム4社 徹底比較
「旅館システム」パーフェクトガイド » 旅館システム(PMS)導入でどう変わる?(効率化&生産性向上)

旅館システム(PMS)導入でどう変わる?(効率化&生産性向上)

旅館システム(PMS)には「宿泊予約管理」、「顧客管理」、「会計・経理」、「経営戦略・営業戦略」に役立つ機能が備わっています。
こちらでは、旅館システム(PMS)の機能を詳しく解説。導入によって見込める効果を、活用事例と一緒に紹介していきます。

一、宿泊予約管理がスムーズになる

宿泊予約管理機能でトラブル防止・スムーズな対応が可能になります。

旅館システム(PMS)には、外部の旅行サイトとの連携機能や、かかってきた電話番号を自動的に検索するCTI機能など、宿泊予約管理を効率化する機能が多数搭載されています。

これらを活用することにより、予約の取り忘れやオーバーブッキングといったトラブル防止が可能です。また、予約登録の作業が容易になるため、顧客への対応に集中できたり、業務負担を軽減したりといった効果も見込めます。

予約管理機能の活用で、機会損失のリスク回避や業務効率の向上、年間70万円のコスト削減に成功した事例なども紹介しているので、参考にしてくださいね。

旅館システムの宿泊予約管理機能について詳しくみる

二、顧客管理の精度が上がる

顧客管理機能で、顧客管理精度が向上し、ワンランク上のおもてなしが提供できる要になります。

顧客満足度の向上やリピーターの獲得には、顧客1人ひとりに合わせた最適なおもてなしが必要です。旅館システム(PMS)を活用すると、基本的な顧客情報だけでなく、趣味や嗜好、アレルギーなど細かな情報を蓄積できます。蓄積した情報を全社員で共有できるのも、旅館システム(PMS)の魅力です。

次のページでは顧客管理機能を活用し、より良いサービスの提供を実現した4つの事例を掲載。顧客管理機能の具体的な活用方法を紹介していきます。

旅館システムの顧客管理について詳しくみる

三、会計業務が効率化される

会計・経理機能で、会計・経理の業務負担を大幅に軽減できます。

お金に関する業務は旅館の経営に関わる重要なものですが、非常に手間がかかってしまう負担の大きい仕事でもあります。そういった業務負担を減らしてくれるのが、旅館システム(PMS)のフロント会計機能や売掛管理機能です。

請求領収書の転記や、各科目の集計表、各売掛台帳の管理を電子化することで、業務負担を大幅に軽減できます。
会計・経理機能の活用で業務効率を改善し、作業にかかっていた時間を1時間以上短縮した事例を紹介します。

旅館システムの会計・経理機能について詳しくみる

四、経営戦略、営業戦略に役立つ

データを活用した精度が高く、的確な経営戦略・営業戦略が立てられるようになります。

旅館の経営に特に重要なのが「経営戦略・営業戦略」を立てることです。集客率や収益率の向上を目指すには、実績データをもとにした適切な戦略が必要になります。

旅館システム(PMS)には、稼働率や企画ごとの売り上げ、外部からの予約実績など、さまざまなデータを集計する機能が搭載。これらのデータを分析することで、適切な販売促進活動や企画造成、設備投資が可能となるでしょう。

こちらでは旅館システム(PMS)の機能を営業戦略や経営戦略に役立てた事例を掲載しています。

旅館システムを活用した営業戦略・経営戦略について詳しくみる