経営している旅館に合わせて選ぶ!旅館システム4社 徹底比較
「旅館システム」パーフェクトガイド » 経営革新を加速する旅館システムの評判口コミ » フロントシステムVシリーズ(新日本)

フロントシステムVシリーズ(新日本)

旅館管理システム「フロントシステムVシリーズ」を導入した旅館の口コミ、システムの特徴、使いやすさやサポート体制、導入実績などを調査し、ご紹介しています。

フロントシステムVシリーズを導入した旅館オーナーの口コミ評判

吹き出し

口コミは見つかりませんでした

旅館管理システム「フロントシステムVシリーズ」の導入実績

導入実績は公開されていませんでした

サイト管理人 オオバンガシラのコメント

フロントシステムVシリーズは、フロント業務のコストカットに力を入れたい旅館オーナー向きの管理システムではないでしょうか。月額9,800円で予約の受付と管理、料理や宴会場の手配などがスムーズになるなら、試してみる価値はありそうです。

旅館システム「フロントシステムVシリーズ」の特徴

ニーズ別に分けられている3タイプの基本設定プラン

フロントシステムVシリーズは、3タイプの基本設定プランから選べる旅館管理システムです。フロント会計業務をシステム化したいなら月額9,800円で始められるフロントシステムV1。フロント会計業務と顧客情報の両方をシステム化したいなら月額14,800円のフロントシステムV2。
さらに予約管理のシステム化をプラスするなら月額24,800円でフロントシステムV3というように、必要な機能の基本設定プランを選べます。

カスタマイズ性の高い充実オプション

フロントシステムVシリーズは基本設定がシンプルな代わりに、オプションシステムが充実しているのが特徴です。別途見積もりにて、11種類のシステムの中から好きなものだけを選び、自分の理想通りにカスタマイ

ズできます。特に人気が高いのは、電話口の顧客情報が表示される「CTIシステム」と、利用料金・日時などの情報を収集して売れ行き動向を確認できる「POSシステム」です。

小規模旅館にぴったりの月額9,800円プラン

「シンプルな基本設定」がフロントシステムVシリーズの特徴ですが、基本設定の内容を細かく確認すると格安プランでもある程度充実していることが分かります。
月額9,800円のフロントシステムV1の場合、予約受付と予約情報管理、部屋割り表と料理通り表の作成、宴会場の手配、売上予測などが基本設定に含まれていました。大規模旅館にとっては少し物足りないかもしれませんが、室数の少ない小規模旅館なら業務効率化が期待できるでしょう。

ユーザーインターフェース(管理画面の表示様式・操作感)について

フロントシステムVシリーズの客室管理画面はエクセルファイルのような表組形式、またはカレンダー形式となっています。表組形式は、部屋番号が記載された縦軸と日程が記載された横軸が交わる位置に宿泊者名が表示される仕組み。
カレンダー形式は部屋番号が記載されている枠内に宿泊者名が表示されます。客室確認画面の視認性は比較的高いでしょう。ただし、記入項目が多いので、データ管理に慣れていな方にとっては確認しづらいかもしれません。

サポート体制について

フロントシステムVシリーズを運営している新日本コンピューターサービス株式会社は、トラブルに迅速に対応できるように電話サポート窓口を設けています。
平日9時~19時、土日は9時~17時半までの受付です。もし、電話説明で解決しない場合は、システムエラーの原因を遠隔操作で調査してもらえます。

顧客情報管理について

フロントシステムVシリーズは、氏名、電話番号、住所、メールアドレス、性別、生年月日、DMの宛先、宿泊回数、合計利用金額、最終利用日などの情報を登録できます。
一度登録した顧客の情報は、リピーター情報として自動蓄積される仕組み。大量の新規顧客獲得を狙う旅館よりも、リピーター獲得に力を入れている旅館向けの顧客情報管理機能だと言えるでしょう。