経営している旅館に合わせて選ぶ!旅館システム4社 徹底比較
「旅館システム」パーフェクトガイド » 経営革新を加速する旅館システムの評判口コミ » Conseil コンセイル(信南情報システム)

Conseil コンセイル(信南情報システム)

旅館管理システム「Conseil(コンセイル)」(正式名称:ストーリーホテル・ストーリー旅館Conseil(コンセイル))を導入した旅館の口コミ、システムの特徴、使いやすさやサポート体制、導入実績などをご紹介しています。

Conseil(コンセイル)を導入した旅館オーナーの口コミ評判

吹き出し

Conseil(コンセイル)を導入してからは、スタッフが帰宅した23時以降のインターネット予約件数が非常に増えて驚きました。宿泊いただいたお客様の情報はメモ感覚でパソコンに残せるので、次に来館いただく日がいつであっても、つい先日お会いしたような新鮮さで対応できています。また、うちの旅館には昔から能舞台の催し物があるのですが、その情報を全国発信できるようになったのも嬉しいポイントですね。

旅館管理システム「Conseil(コンセイル)」の導入実績

サイト管理人 オオバンガシラのコメント

Conseil(コンセイル)は、システムエンジニアによる24時間365日サポートや「旅館が本当に求めている独自機能を開発してくれる」というのが高ポイントですね。
無人の状態でもチャンスを逃がさないで済む、という点はやはり人件費削減のためにも必須のポイントでしょう。
有名旅館への導入実績も、旅館の仕様に合わせて管理システムをカスタマイズできる点が関係していそうです。 また、毎日のフロント業務を大幅に効率化できそうなユーザーインターフェースの優秀さにも注目したいところ。総合的に見ると、ほかの旅館と違う戦略で旅館拡大を目指しつつ、余計なコストをきっちり削減できる旅館管理システムではないでしょうか。
しかし、優秀な旅館システムはConseilだけではありません。また実際の導入に際して必要なシステムがほかにもあるかもしれないことを考え、複数の会社を比較検討することも大切です。
以下のページではシステム以外の面にも詳しく言及しているので、ぜひ一度活用してみてください。

>>旅館システム選びのポイントと有名旅館システム4社を徹底比較

旅館システム「Conseil(コンセイル)」の特徴

日本の旅館100選に選出される旅館等への確かな導入実績

旬刊旅行新聞の実施しているプロが選ぶ日本のホテル・旅館100選の「もてなし部門」などに選出されるような旅館への導入実績があり、長年の開発ノウハウが結集した旅館システムです。特にその運用サポート体制(詳細後述)は24時間365日システムエンジニアが初期対応から行うという他社に類を見ない充実度で絶対的な信頼を勝ち得ています。

フロント業務の手間をカットできる機能が盛りだくさん

Conseil(コンセイル)のデータベースには、ハローページに掲載されている約3,100万件の情報が収録されているので、新規顧客登録にかかっていた入力の手間を大幅にカットできます。氏名を検索するだけで、自動的にフリガナ、郵便番号、住所が登録される仕組み

さらにCTI連動機能をつけると、着信があったときに電話先の顧客情報が自動表示されるので、宿泊の予約や確認対応がスムーズになるでしょう。また、オプションにて約2万件の旅行業者名簿を収録することも可能。どの旅行会社経由の宿泊予約が多いか細かく分析できるので、付き合っていくべき旅行業者を公正な目で見極められるようになります。

旅館独自のオリジナル機能をカスタマイズ

Conseil(コンセイル)は「ほかの旅館とは違う独自性のあるサービスを提供したい」という旅館オーナーの声に応え、独自システムの開発を受け付けているのが特徴です。リピーター向けの新サービス開発、全宿泊者向けのオリジナル宿泊カード、一般的な旅館にはない台帳をシステム化するなど、旅館のこだわりに合わせたオリジナル機能を開発してくれます。

業務をシステムに合わせるのではなく、理想とする業務形態にシステムを合わせることが可能です。

ユーザーインターフェース(管理画面の表示様式・操作感)について

迅速な応答が求められる予約管理にて、スピーディに一度に多くの情報を閲覧可能です。(3ヶ月分のカレンダー、予約者リスト、宿泊部屋・宴会場の空室状況や適用可能な企画まで同時表示)。Conseil(コンセイル)の管理画面は、見やすさと使いやすさが重視されたシンプルな表示様式になっています。空き部屋や宴会場の管理画面、採算業務管理画面など、どの管理画面もフラットな1画面表示スタイルです。

管理画面ごとの視認性が高いため、手配漏れや操作ミスを軽減できるでしょう。管理情報の編集は基本的にドラッグ&ドロップでOKなので、パソコン操作に自信がない方でも使いやすいユーザーインターフェースとなっています。

また蓄積されたデータを経営管理用にCSVで出力できるなど、経営戦略、営業戦略に必要な情報が取り出しやすく、かつ加工しやすい汎用性に富んだ情報出力が可能です。

サポート体制について

システムエンジニアが24時間365日、万が一のシステムトラブルに対応します。旅館には、一般企業のような休日が存在しないケースがほとんどです。Conseil(コンセイル)には、そんな旅館を常時サポートしてくれる年中無休のサポートダイヤルが設けられています。24時間対応で答えてくれるのは、旅館管理システムの開発・導入を行なっているシステムエンジニアたちです。

また、Conseil(コンセイル)はシステムトラブルや故障に備えたサポート体制にも力を入れているのが特徴です。万が一の事態に備えてハードディスクを2台以上搭載し、深夜には自動バックアップが行なわれるよう設定されています。さらに、サーバー障害防止策として月に1回サーバーチェックが行なっているとのこと。
PC操作や管理システムのトラブルに対応できるスタッフがいない旅館でも、安心して導入できます。

顧客情報管理について

一般的な利用されたお客様のリピート管理の他、同伴されたお客様の履歴管理、業者および案内所の送客実績管理、お客様や業者からの電話着信履歴や予約成立前の問合せ履歴管理等が可能です。また最大100種類の区分を設定できるのが特徴です。

浴衣のサイズやアレルギー情報、旅行の目的や利用単価など、顧客管理項目として旅館が覚えておきたい内容だけを自由にカスタマイズできます。記録した内容はいつでも自由に呼び出せるので、スムーズな対応ができるようなり、リピーター獲得に繋がりやすいでしょう。

またかゆいところに手が届く、顧客情報管理ができます。例えば、1個人に複数法人、1法人に複数個人の関連づけることができます。VIP顧客は会社の役員や町内会など様々な所属団体に属していることが多いもの。その利用履歴を正確に追うことが可能です。(複数電話番号も登録可能)。また送客してくれた方、接待などで、支払いだけされる方などの履歴を個人・法人別に管理します。このことで一般顧客だけでなく、いままで見えづらかった本当のお客様情報を明確にします。

これらの細やかで正確な顧客情報があれば、これまでの顧客へのDMなどの営業アプローチ方法も大きく変わるでしょう。おもてなし自体も大きく変わるに違いありません。一般顧客を優良顧客へ、さらに旅館の評判をひろめるロイヤルカスタマーへと顧客を育成するマーケティング活動を強力に支援します。